攻略法

以下は、いわゆるミルハメや1ターンキル狙いではない攻略法のポイントを箇条書きしたものです。
シールドからのスパイク、ブレイドによる特にクリティカル攻撃を主なダメージソースとする攻略法になるので、難度が高いミッションほど、各担当者はそれぞれのスキルが高ランクかつ、サブスキルも高レベルのものが要求されることになります。そのため、役割分担を決めてサブスキルの割り振りをしておく必要があります。難度が高いミッションほど、シールド・スパイク担当者は支援の役割、ブレイド担当者は攻撃の役割に特化していく必要あるでしょう。ブレイドのダメージを極大化することが主眼となるので、ピアシングレベルの高い武器の使用やスクリューアッパーによる防御・保護の減少、ブレイド前のボヘミアン衣装やサポートショットマスターのタイトルによる強化をしたサポートショット、冥帝のワイバーンやオリエンタルドラゴンの召喚時攻撃による防御・保護減少、戦場の序曲や戦場の雄叫びの演奏も利用していくことになります。近接スキルのリノベーション後、斧系武器でのスマッシュによる防御・保護の減少、レイジインパクトの活用も行われています。また、忍術の仕様変更により朧煙幕に保護減少効果が付与されたことから、朧煙幕も活用されるようになってきています。チェーンスラッシュ実装後は、デスマーカーも利用されています。

  • 鉱物流星雨対策のため、3人一組になり、固まって行動し、ギルガシの攻撃に対応していくことになります。
    • 特に、難しいでは、シールドで防御しなければ、ペットのミミックに騎乗するかマナリフレクターによるダメージ減少なしでは、生存が難しいため、ミミックを利用しないのであれば、常に、シールドが届く範囲に戻れる範囲で行動する必要があります。
    • 鉱物流星雨後は、ギルガシからもっとも遠い距離にいるプレイヤーの位置にギルガシが移動するため、PTメンバー全員がある程度、固まって行動したほうが、スパイクやブレイドの連携が楽になります。
  • 基本的には、通常攻撃は、スタッフ攻撃しかしてこない最終局面の他には、掴み攻撃の妨害や魂攻撃の解除以外は必要ありません。
    • PTメンバー全員が集中攻撃をすることにより、使徒の動きに対する対応が遅れる場合があり、スタッフ攻撃により、メンバーがバラバラになったところで、鉱物流星雨を使われると、スキルの連携が上手くいかなかったり行動不能になったりすることが多いです。
    • ギルガシは、通常攻撃に対しては、大幅なダメージカット能力をもっており、通常攻撃は大きなダメージソースになりにくいことからも、通常攻撃はせず、ギルガシのスタッフ攻撃を回避するなどのギルガシの動きに対応する方が得策です。
  • ギルガシの生命力の状況に応じて、使ってくるスキルがある程度、決まっており、ウィンドミルによりギルガシのAIのリセットができることを利用して対応していくことになります。
  • 最初の鉱物流星雨に対する神聖スキル連携により、極大化されたブレイドによるクリティカル攻撃が多数、決まりギルガシの生命力を削りきると、難度の高いミッションでも、1ターンで討伐が完了することになります。
  • 以下の記述は、易しいから難しい難易度まで、一括してまとめて説明したものなので、ギルガシの生命力による行動パターン変化については、上述の個別の難易度の記述を参考にしていただきたいと思います。

序盤 (80%まで)

  • この期間は、ギルガシはスタッフ攻撃と鉱物流星雨攻撃しか行いません。
    • したがって、スタッフ攻撃で、組がバラバラにならないように、常にギルガシの背後に回り込むよう行動することになります。
    • ただ、ギルガシに近づきすぎると、鉱物流星雨発動の際の衝撃により、位置が移動したりスキルの使用が困難になるので、ギルガシと適度な距離を保つよう心掛けてみてください。衝撃を受けた場合、衝撃の影響がなくなった直後に最速でシールドを張らないと間に合わないことが多いです。
    • 組でシールド担当になった方は、常に同じ組のメンバーにシールドを張ることができるよう位置取りをすることが大事になります。また、他のメンバーもシールド担当の方に負担とならないように、位置取りをするよう心掛けてみてください。なお、アンカーラッシュでスタッフ攻撃を回避したり、組のメンバーのいるところに迅速に合流したりすることもできます。

この期間の行動は、以下の期間のベースとなります。


前半 (80%~60%くらいまで)

  • この期間になると、序盤の攻撃に加えて、感染攻撃を行ってきます。
    • 感染攻撃を受けると一定割合で一定時間、生命力が減少していきます。
    • 感染攻撃は全員にかかることはなく、ランダムにメンバーに対して行われます。
    • 感染攻撃を受けた人の周辺には紫の円が発生し、その中に感染していないメンバーが入ると感染してそのメンバーも一定割合で一定時間、生命力が減少します。
  • 同時に感染した場合、同時に治るため、同時に感染した人同士が同じ円の中にいても感染時間が長くなることはありません。
    • したがって、感染攻撃が行われた直後に感染しなかった方は、感染しないように速やかに紫の円の外に出ること、感染攻撃の直後に感染した人は、同じ組で同時に感染した人と重なり合って紫の円の領域を広げないようにして感染していない人に感染させないように注意してみてください。もし、二次感染をしてしまったら、それ以上の累次の感染拡大を防ぐため、他のプレイヤーが紫の円に入らないように位置取りをしましょう。
    • シールドのサブスキル同調する距離のランクが高ければ、紫の円の外ぎりぎりでもシールドがかかるので慌てずに対応しましょう。

中盤 (60%くらいから魂攻撃が始まるまで)

普通難易度では25%、難しいの難易度では35%までの間です。

  • この期間の前半では、鉱物監禁攻撃、後半では、掴み攻撃を序盤の攻撃に加えて行ってきます。魂攻撃が始まる直前になると、感染攻撃を行う場合があります。
    • 監禁攻撃を受けると、移動できなくなり、負傷を受けることになります。
      • 速やかに、ペットを利用したり監禁攻撃を受けてないPTメンバーが鉱物を攻撃したりして鉱物を破壊してください。難易度があかると、鉱物を破壊するために必要な攻撃回数が増えます。
      • この際、PTメンバー全員がバラバラだと、ペットなどで自力で鉱物を破壊しないければならず、大きな負傷を受けてしまいます。また、監禁攻撃の直後に鉱物流星雨を受けた場合、行動不能になってしまう可能性が高くなります。やはり、PTメンバーはある程度固まって行動したほうがよいでしょう。
    • 掴み攻撃が始まるとギルガシの生命力のゲージの上に、緑色のゲージが表示されます。
      • ギルガシがプレイヤーを放り投げるまでに、攻撃を行い緑色のゲージを0にすれば、掴み攻撃は失敗となり、ギルガシの能力を一時的にダウンさせることができます。逆にゲージを0にできなければ、掴まれたプレイヤーは遠くに放り投げられ負傷を含む大きなダメージを受け、かつ、ギルガシの能力は一時的に強化されることになります。
      • 掴み攻撃をしている緑色のゲージが出ている間は、ギルガシは他の行動をしないので、ペットも利用してギルガシを集中的に攻撃してください。
      • 掴み攻撃により遠くに放り投げられた直後に、鉱物流星雨が来ると、シールドによる防御が困難になったり、ギルガシが遠くに着地したりして、その後の連携攻撃に支障をきたすことが多いので、できるだけ掴み攻撃を解除するようにしましょう。

終盤 (魂攻撃が行われる期間)

普通難易度では25%から5%、難しいの難易度では35%から5%までの間です。
感染攻撃などを行った後に、魂攻撃を行う場合もあります。
易しいの難易度ではこの期間がなく、監禁攻撃と感染攻撃をスタッフ攻撃や鉱物流星雨に加えて行ってきます。

  • この期間に入ると、使徒の生命力のゲージの上に、紫色のゲージが表示され、その数秒後に、プレイヤーの分身(魂)がプレイヤーから飛び出し、ギルガシに向けて走っていきます(吸収されていきます)。分身がギルガシの元に到達する(魂が吸収される)と、そのプレイヤーは即、行動不能になりギルガシの生命力が一定量、回復してしまいます。
  • 分身を攻撃をすることにより、ギルガシに向かって走っていくことを妨害することができます。
  • この期間に入ったら、PTメンバーは固まってギルガシから、距離をとり、魂攻撃に備えるべきでしょう。
    • PTメンバーが固まることにより、範囲攻撃が広い武器やスキルを使って、固まった魂を少人数で管理する(ギルガシに吸収されることを防ぐ)ことができます。
    • 魂を管理してもらったプレイヤーは、ギルガシを攻撃して紫のゲージを0にすることによって魂攻撃を終了させるようにしましょう。
  • 魂攻撃を終了させた際、ギルガシにミルを使用していた場合、AIがリセットされ、再び魂攻撃が行われます。ギルガシにミルを使用していなかった場合、難しいの難易度の場合、魂攻撃解除後、即、鉱物流星雨がきますので、紫のゲージが0になる前に、組毎に固まってシールドでの防御ができる態勢を整えましょう。ミルを使用していない場合の普通難易度の場合、スタッフ攻撃を挟んで、鉱物流星雨が来るようです。難しいの難易度の場合、事前に魂を管理する組を決めておいたほうがよいでしょう。万一、魂攻撃の際、同じ組のプレイヤーが逃げ遅れて、ギルガシの傍で魂の吸収に抵抗している場合、同じ組のプレイヤーが自らの魂の管理がなされていることを確認したうえで、助けに向かうことが難しいの難易度では必要になってきます。
  • ミルハメを使わず、この期間を抜けるためには、魂を吸収されず(ギルガシの生命力を回復されず)に、魂攻撃を解除させ、その後の鉱物流星雨に対する神聖スキル連携攻撃により、ダメージを与えてギルガシの生命力を削っていくことが必要になります。
  • 現在では、仕様変更により、攻撃による紫色のゲージの減少が大きくなっており、比較的容易に魂攻撃を解除することができるようになりましたが、目安として直近の鉱物流星雨を防いだシールドのクールタイムが経過する前に、魂攻撃を解除すると再び、魂攻撃を行ってくるので、注意しましょう。

全難易度で5%を切ると、他の一切のスキルを使用してこず、スタッフ攻撃と鉱物流星雨しか行ってこなくなります。
そのため、5%を切った段階で即座にミルを入れ、通常攻撃で削り切る戦法が有効です。
しかし、特に難しいの難易度ではライフを削りきれず、直後の鉱物流星雨で全員を守りきれず死者が出るというのを避けるためにも、残り1%を切っているなど明らかに削り切れそうな時以外は無理に攻撃せず、次の鉱物流星雨を待つほうがよいでしょう。










とても難しいガシ貼っておきました(`・ω・´)

あと参考までにこちらのサイトも貼っておきます。ガシについては、初心者向けのサイトがありましたので前回は貼っておきました。

一応今回も貼っておきます。ただ、セキュリティがないので読むときは自己責任でお願いします。

ギルガシ初心者用辞典 (saiin.net)


他のサイトもチェックしまして、必要かな?と思われるサイトを見つけましたので貼っておきます。こちらもセキュリティがないので以下同文(;'∀')

ギルガシ攻略(普通)見えてきた?|フューラナのマビノギPSO2日記 (fc2.com)


[とても難しいギルガシ やり方] by DogEdda (fc2.com)

忘却の境界線  -  ギルガシワンパンに必要な最大攻撃力 (fc2.com)