思いっきり遊びました(≧◇≦)

mabinogi_2022_09_08_151020

サスクワッチと(o^―^o)ニコ

いや~、復活が早い早い早い。
メテオストライクを数発撃って仕留めるのですが、食人植物とサスクワッチ数秒から数分で復帰するんです。
心臓を取りに行くのですけど、囲まれて囲まれてフルボッコww

それはそれで楽しいのですが、食人植物のFBLとサスクワッチのミルがちょっとヤバくて( ;∀;)
面白くても顔がちょっと引きつります。

mabinogi_2022_09_08_150449

まあ、この距離から数発撃ちます。最初はもっと近くからメテオ撃っていたのですけど、最初にチェーンブレイドで倒した、食人植物植物がにょきにょき生えてきてFBLやライトニングを食らったりしてこの距離になりました。
初回だけで、次からはもっと近づいてこちらもFBLやライトニングロードを打ったりしますし。

たまにペットが、ライトニングボルトを植物から食らって、ひゃっは~と嬉々として植物に飛びついていき、それをぼ~~っと見てると。

mabinogi_2022_09_08_150527

こうなります。

その場合はこう距離を取って。

mabinogi_2022_09_08_150709

チェーンとスターダストで凌ぎます。

距離を取らないと食人植物から、連続で食らうFBLの餌食になります。
よく、餌食になってHPがちょっとヤバいことになっていたりしますし。

また、少し近場でサスクワッチを仕留めた後アイテムが転がってるので、ペットと取りに行きます。

mabinogi_2022_09_08_150904mabinogi_2022_09_08_151856


意外と落ちてます。
そして気づくと。

mabinogi_2022_09_08_151020

囲まれます。
これの繰り返しで戯れて遊びました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

時たま、仕様なのか位置ずれなのか。
攻撃を受け付けなくて、攻撃されないサスクワッチと当たります。

mabinogi_2022_09_08_152051mabinogi_2022_09_08_152054

位置ずれだと思うのですけど、まあそのうちと思いつつ最後はスターダストのフレアで数匹囲む中にいますので、それで仕留めました。
数匹に一匹はいますね。

その後は、FBLを撃ってサスクワッチをおびき寄せて倒して、心臓を拾いました。

40個ほど拾ってから終了。
途中の食人植物を仕留めつつ遊んで~変異した植物の粘液を拾ったりしたり。
個数が取れなかったので、1階で拾ってこようと思います。


えっとアメリカのマビノギですが、今回はお知らせだけでしたので割愛しました。
プリペイドとクレジットマージだったので。
こちらには関係ないかなと。

気になる方はググるか、こちらを参照に。

Mabinogi | The Most Unique MMORPG (nexon.net)

ただし、手段でパソコンへ侵入を試まれますので、お気を付けくださいませ。





因みにサスクワッチは、ビックフットと呼ばれています。
UMAの一種ですね~。

ビッグフット(英:Bigfoot)は、アメリカ合衆国で目撃されるUMA(未確認動物)、または同種のUMAの総称である。先住民(インディアン)の間に伝わるサスクワッチ、サスカッチ(英:Sasquatch)と同一視される場合もある(後述)。


Pie Grande.jpg

こんな感じです。
似てる気もしますが(;'∀')

身長は2m、体重は200 - 350kg。二足歩行し、歩幅は1 - 1.5m。足跡は大きなもので約47cm。筋骨隆々で、全身に褐色または灰色の毛が密生している。 顔には毛が生えておらず、鼻が低く、目が落ち窪んでいる。強烈な体臭を放つとされる。

猿人ギガントピテクスの生き残り」などの説が挙げられているが、実在についてはアマチュア・学界問わず、長年の論争がある。アメリカでは広範囲にわたってビッグフットの足跡が報告されており、その石膏型は膨大な数に上っている。学会での高名なビッグフット実在論者には、アイダホ州立大学の解剖学・人類学准教授のジェフリー・メルドラムがいる。メルドラムはビッグフットについて、「私は科学的な証拠によって、この未確認生物が実在していることを確信しています」と述べている[1]。否定派の意見としては「北アメリカに生息するハイイログマの誤認」や「狂言」ではないかとの見解が多数を占めている。猿人説にしても、北アメリカに猿人が渡ってきた化石証拠はなく、説としては論拠が乏しい。

1840年、ワシントン州スポケーンの白人宣教師が、アメリカ・インディアンの間に伝わる「毛深い巨人」についての話を記録している。その巨人はサケを盗み、強烈な臭いを残して去っていくとされる。カナダ西海岸部のインディアン部族は同様の生物をサスクワッチサスカッチSasquatch)などと呼んで、現在でも聖なる生き物としている。しかし、それが近年目撃されているUMAとしてのビッグフットと同一のものを指すのかは不明である。「サスクワッチ(サスカッチ)」はコウィチャン族、またはチェハリス族の呼び名で、その意味については諸説あり、ウェンディゴとの関連を指摘する説もある。サリシ族による呼び名の「Sacsquec」は「人に似た動物」という意味である[2]



と、wikiで拾ってきましたが有吉さんの番組で、ビックフットについて放映してるときにビックフットがサスクワッチと呼ばれているのを知りました。
不思議関係や、ミイラ系、不思議ミステリー系は意外と観てますし、UAM系も食いついてみてます。
マビノギのサスクワッチと重なって、面白いなって思いました。
マビノギよく調べてるな~って感心しましたね~。
有吉さんの番組で特集が組まれてるのは、大体チェックします。あと北野武監督のミイラ系の番組も見ています。エジプトって特殊な関係ありますし。
ミタンニやヒッタイトのことも少し、放映して居たりもします。「天の河のほとりで」から意外と気になってチェックするようになりました。
そのうちマビノギでもやらんかな~。

こうミイラ系のモンスターとか、マミーとかボスで巨大なミイラとかあったら面白いんだけど。
UMA系のモンスターは楽しくて好きです。フィリアのロンガの遺跡ダンジョンの改編で、何かストーリーがあったら楽しいです。
エジプト系と絡むと余計に面白いかな~。